浜松の結婚指輪でゴールドを選ぶ際に知っておきたい特徴とポイント

ゴールドはプラチナとともに結婚指輪(マリッジリング)の素材として人気の貴金属は浜松でも同じです。

安定した人気のイエローゴールド、かわいらしいピンクゴールド、落ち着いたホワイトゴールドなど、ゴールドの結婚指輪にはさまざまな種類があります。

写真提供:ハナプラ花嫁

では、プラチナと比較して、ゴールドの結婚指輪にはどんな魅力があるのでしょうか。

この記事では、浜松のプレ花嫁さんにゴールドの結婚指輪の魅力や選び方のポイントなどをお伝えします。

結婚指輪はゴールドとプラチナで何が違うの?

結婚指輪はずっと身に着けるものですから、違いをきちんと知って選びたいもの。

ゴールドとプラチナ、それぞれの性質を見ていきましょう。

ゴールドの特徴

ゴールドは24分率で表されます。単位は「金」、または金の単位である「K(カラット)」で、24金(K24)は100%の純金という意味です。

したがって、金の含有率が高い順にK24、K18、K14、K10などと表示されます。

金はほかの金属に比べて柔らかい素材です。100%の純金は繊細で傷ついたり、変色したりしやすいので、身に着ける場合は毎日のお手入れが必要となります。

そのため、指輪を含めたアクセサリー類にはK18以下の純度のものがおすすめです。

写真提供:アンジェリックフォセッテ浜松店

K18の金の含有率は75%です。残りの25%は金以外の金属で、例えば銀や銅が混ぜ合わせられています。

銀や銅などをどのような配分で混ぜ合わせるかによって、グリーンゴールドやイエローゴールド、ピンクゴールド、レッドゴールド、ホワイトゴールド、など、さまざまな色味を作り出すことができます。

これも、ゴールドのジュエリーを選ぶ楽しさの一つです。

また、プラチナの指輪に比べると、リーズナブルな価格で購入することが浜松でもできます。

プラチナの特徴

プラチナは生産量が少ないので希少価値が高く、そのために比較的高価な貴金属です。

純度は「Pt」を使って表され、「Pt1000」が100%(正確には99.9%)のプラチナです。プラチナの含有率が高い順にPt1000、Pt950、Pt900などと表示されます。

ゴールドと同様に、純度が高いPt1000は結婚指輪に使用するには弱く、傷つきやすい性質を持つため、Pt950やPt900の商品が主流です。

写真提供:アンジェリックフォセッテ浜松店

また、Pt1000は黒みがかった色をしているので、パラジウムという金属を混ぜて白い輝きを出したPt900やPt950が結婚指輪にはよく使用されます。

粘りがあり、柔らかいという特性を持っているため、多様なデザインの指輪を作ることができ、サイズ変更もしやすいことから浜松でも人気です。

また、プラチナは酸やアルカリに強いという特徴があります。汗をかいたり、プールや温泉に入ったりしても変色・変質しにくいので、肌身離さず着けられるのも魅力です。

ゴールドにはさまざまな色がある

ゴールドの結婚指輪にはカラーバリエーションがあります。

硬さや色の変わりやすさなど、それぞれの特徴を知っておくと指輪を選ぶ際の参考になります。

ゴールドに色味を与える割り金(わりがね)

純金に強度を加えるために金属を加えることを「割り金」といいますが、この割り金に使われる金属の種類によってゴールドにさまざまな色味を加えることができます。

なかでも、結婚指輪として人気があるのはイエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールドなどです。

ライムゴールドやブラックゴールドといったユニークな色合いのものもありますが、ここでは代表的な3つのカラーの特徴をご紹介します。

写真提供:アンジェリックフォセッテ浜松店

■ イエローゴールドの特徴

金色に輝くイエローゴールドには、独特の華やかさがあります。欧米でイエローゴールドはブライダルジュエリーの王道です。

イエローゴールドは金に銀、銅を配合したもので、例えばK18の場合は金が75%に対し、銀15%、銅10%などの割合で合金します。

指輪自体に耐久性があり、加工しやすいことから繊細なデザインも施すことが可能です。ダイヤモンドの白い輝きもうまく引き立つでしょう。

時間が経って変色してもわかりにくいため、日常生活で身に着けやすいリングです。

■ ピンクゴールドの特徴
ピンクゴールドは、ピンクがかった優しい色合いを持つゴールドです。ファッション性に富み、肌になじみやすい色合いで、かわいらしい雰囲気を演出してくれます。

ピンクが発色されるのは、銅が多めに配合されているからです。例えば、K18のピンクゴールドでは金75%、銀5%、銅18%などの割合で作られます。

残り2%は白い輝きを出すパラジウムを加えることにより、ピンクの色合いが出ます。

銅は硬くなりやすい特徴があるので、ピンクゴールドはゴールド系の指輪の中で最も強度があるカラーです。

写真提供:アンジェリックフォセッテ浜松店

その代わり、サイズ直しがしづらく、汗をかいたときや温泉に入ったときに銅が反応して変色しやすいという注意点もあります。

ピンクゴールドの結婚指輪を選んだ場合は、小まめに拭くなど日頃のメンテナンスを行い、汗をかく前や温泉に入る前は外しておくといった心がけが必要です。

■ ホワイトゴールドの特徴
プラチナを使用せずに、同等の輝きを手に入れられるものとして開発されたのがホワイトゴールドです。

ゴールドに銀やパラジウム、ニッケルを配合することで白みがかった金色を生み出しています。K18では金75%にパラジウム25%、もしくはパラジウムの割合を少なくして、銀とニッケルを混ぜるなどして作られます。

ただし、このままでは真っ白にはならないため、たいていはロジウムという白色の金属で表面加工が施されます。このようにコーティングを施す技術が、「メッキ(めっき)」です。

メッキなしのホワイトゴールドを好む人もいますが、ロジウムでコーティングを施したホワイトゴールドは、キラキラとプラチナのように輝きます。

このコーティングは長年着用していると少しずつはがれ、下地の薄い金色が見えることがありますが、再びコーティングをすれば元の輝きを取り戻せます。

ゴールドの結婚指輪を選ぶときのポイント

結婚指輪を選ぶときはデザインの好みも大切ですが、ゴールドの指輪だからこそ気をつけたいポイントがあります。

自分の肌に合う色合いを選ぶ

ゴールドにはいくつか色味の違いがありますから、浜松のお店で試着してみて自分の肌に合った色味を見つけましょう。

一般的に黄色味が強い肌色の場合はイエローゴールドが似合い、色白の人はホワイトゴールドが似合う傾向にあります。

結婚指輪をどんな風に身に着けたいのかを考える

結婚指輪をどのように身に着けたいかによっても選ぶゴールドの種類は変わってくるでしょう。

写真提供:ハナプラ花嫁

カジュアルにファッションアイテムと同じ感覚で身に着けたいなら、イエローゴールドがおすすめです。

ピンクゴールドや、イエローゴールドとホワイトゴールドのコンビネーションなら、ほかの人とは違う個性を出せます。

その他、控えめにさりげなく着けたい人はホワイトゴールドなど、自分のイメージに一番合うものをじっくりと選びましょう。

ただし、ピンクゴールドとホワイトゴールドを選ぶときは、輝きを保つのに小まめなお手入れが欠かせない点も考慮する必要があります。

予算と相談する

予算も結婚指輪の選択を左右する大きなファクターです。

プラチナと比べると手の届きやすい価格であるゴールドは、これから何かと出費の多くなるカップルにはうれしい素材といえるでしょう。

写真提供:ハナプラ花嫁

「プラチナのように白く輝くリングがいいけれど、予算が合わない」という場合は、似た色合いのホワイトゴールドがあります。

「ダイヤモンドなどの宝石にお金をかけたい」ということであれば、リングの部分はゴールドにして価格を抑え、その分の予算を石に回すという方法もあります。

いずれにしても、結婚指輪としてのゴールドの純度は、傷が付きにくく、かつ豊富なデザインから選べるK18がおすすめです。

華やかさとバリエーションの豊富さがゴールドの魅力

ゴールドの指輪は手元をパッと明るくしてくれます。ジュエリーなので多少のお手入れは必要ですが、毎日身に着けても傷が付きにくい素材です。

割り金の配合次第でさまざまなカラーバリエーションがあるので、自分の肌に合った色を探せます。シンプルなものから凝った作りのものまで、多彩な加工ができるのもゴールドのメリットです。

浜松で、後悔しない指輪選びをするためにも、色ごとの性質をきちんと理解した上で、二人にとって最良のリングを選びましょう。

 

記事提供:アンジェリックフォセッテ浜松店
写真提供:アンジェリックフォセッテ浜松店、ハナプラ花嫁

mizuki

8,845 views

いつか憧れのウェディングドレスを着たいと夢みるmizukiです♡ 趣味は映画鑑賞とおしゃれスポットを探して行くことです♩ おしゃれなもの、流行りのものをみな...

プロフィール
ピックアップ記事
関連記事一覧