浜松で購入できる婚約指輪と結婚指輪の違いは何?いつまでも着用するためのポイント

二人の愛の証しである婚約指輪(エンゲージリング)と結婚指輪(マリッジリング)。その二つにどのような違いがあるか、詳しくご存じでしょうか?

中には「本当に両方とも必要なの?」と思っている人もいるかもしれません。そういう人は、婚約指輪結婚指輪それぞれの意味と役割を理解した上で購入すると、どちらも長く大切に着用できるでしょう。

写真提供:ハナプラ花嫁

今回は、幸せな結婚を象徴する婚約指輪結婚指輪の違いやデザイン、素材の特徴についてお伝えします。

婚約指輪と結婚指輪が持つ大切な役割

そもそも婚約指輪と結婚指輪にはどのような意味が込められているのでしょうか。それぞれの指輪の持つ意味合いと違いをご紹介します。

婚約指輪と結婚指輪の違いとは?

結婚を約束する証しとなる婚約指輪

婚約指輪はプロポーズの場面で男性から女性へ贈られます。カップルが結婚を約束した証しとなり、将来をともに歩む誓いを込めて贈られるものです。

写真提供:アンジェリックフォセッテ浜松店

婚約期間中に身につけることで、周囲の人にも婚約したことを伝えることができます。また、宝石をあしらった高価で華やかな指輪が多いため、結婚後も記念日や式典など特別な日に身につけられます。

夫婦として歩む誓いを表すのが結婚指輪

結婚指輪は結婚の証しです。新郎新婦が結婚式で交換し合い、それぞれ左手の薬指にはめて夫婦としての歩みをスタートさせます。

ペアリングが一般的ですが、同じ指輪でなければいけないわけではありません。互いに好きなデザインを選びつつ、素材や刻印をおそろいにして、全体の雰囲気が合うようにするカップルもいます。

価格面では、宝石があしらわれる婚約指輪のほうが、シンプルなデザインが多い結婚指輪よりも高額になるのが一般的です。

婚約指輪と結婚指輪を兼用する女性もいる

婚約指輪と結婚指輪の両方を用意するのが主流ですが、中には一つで両方を兼用する人もいます。

兼用するメリットは、金銭面の負担が抑えられることです。それぞれの指輪にかける費用を新婚旅行や新生活などに充てることができるでしょう。

デメリットとしては、女性が男性に遠慮して婚約指輪の購入を見送ったとき、「本当は婚約指輪をもらいたかった」という思いをひきずる可能性があることです。女性は正直な気持ちを男性に伝え、後で悔やむことのないように二人でよく話し合いましょう。

写真提供:ハナプラ花嫁

また、一つの指輪に絞ることで、着用シーンが限られる点もデメリットの一つといえます。結婚指輪よりも華やかな婚約指輪が良いと思って選んだところ、なかなかつける機会がなく、引き出しにしまったまま、ということも起こりがちです。結婚指輪は日常的につけやすく、弔事の際も着用できます。一方、輝く宝石のついた婚約指輪は弔事で着用するのはNGとされており、日常生活を送る上でも傷をつけないよう、注意深く取り扱う必要があります。

婚約指輪と結婚指輪のデザインの特徴

婚約指輪と結婚指輪には素材やデザインにどのような違いがあるのでしょうか。それぞれの特徴を知っておきましょう。

写真提供:アンジェリックフォセッテ浜松店

お出かけシーンに合う婚約指輪

一般的に婚約指輪にはダイヤモンドなどの宝石が使われており、おしゃれをしてお出かけする際に着用すると、ファッションが一層華やぎます。アーム素材の定番はプラチナです。プラチナは、変色、変質しにくく変わらぬ美しさが保てるため、婚約指輪に適しているとされています。

宝石は、ダイヤモンドが主流です。非常に硬い鉱物であり、無色透明に光り輝き続けることから、永遠の愛の誓いの象徴になるといわれています。

婚約指輪のデザインは、一粒のダイヤモンドを立て爪(ソリティア)で固定したフォルムが定番ですが、宝石が突出し、取り扱いに注意が必要な点から異なるデザインを選ぶ人もいます。

写真提供:ハナプラ花嫁

人気が高いのは、メレダイヤという小さなダイヤモンドを添え、中心のダイヤモンドを華やかに引き立てるデザインです。

一方、ゴージャスな雰囲気を好む人に選ばれているのが、パヴェというデザインです。パヴェはフランス語で「石畳」を意味し、多数のメレダイヤが隙間なくアームに敷き詰められているのが特徴です。

また、婚約指輪としてだけでなく結婚指輪としても人気が高いのがエタニティリングです。エタニティは英語で「永遠」を意味します。ストレートリングのアームにダイヤモンドが隙間なく並び続けることから、永遠の愛を表します。フラットなフォルムのため、日常生活で着用しやすいのが魅力です。

毎日をともにする結婚指輪

結婚指輪は日常的に身につけるものですから、デザインとつけ心地の両方が重要です。ペアリングであることに加え、大きな装飾があると何かに引っ掛けたり、ぶつけたりしやすいことなどから、シンプルでストレートの指輪が一般的です。

写真提供:アンジェリックフォセッテ浜松店

結婚指輪のアーム素材は、婚約指輪と同様にプラチナが主流です。ただし、予算や好みを理由に、ゴールド、シルバーが選ばれることもあります。ゴールドも変色、変質しにくく、イエローに加えホワイト、ピンクのカラーバリエーションがあるのが特徴です。

結婚指輪でもメレダイヤなどの宝石が埋め込まれているものはあります。二人で店舗に見に行き、じっくり話し合って決めると良いでしょう。

婚約指輪と結婚指輪を長く身につけるためのポイント

婚約指輪と結婚指輪も一生に一度のかけがえのない品物。どんなふうに選び、お手入れすべきか、ポイントをお伝えします。

婚約指輪は着用シーンを想像して購入

婚約指輪を選ぶ際は、着用するシーンを想像してみましょう。婚約指輪が似合う代表的なシーンは、記念日やフォーマルな場面です。親戚や友人などの結婚式、子供の入学式、卒業式、参観日などにも身につけられます。一生もののジュエリーが、きちんとした大人の女性を演出してくれるでしょう。

写真提供:ハナプラ花嫁

同窓会や気心の知れた友人が集う会も、婚約指輪をつけていくシーンに適しています。薬指に輝く指輪は、同席者にさりげなく結婚を知らせてくれます。

また、ショッピングや観劇、パーティーシーンなど、おしゃれをして出かける際に身につけると、ファッションが華やかになり、気持ちも明るくなります。

このように着用シーンを想像すると、どんな婚約指輪が価値観やライフスタイルに合致するかがはっきりしてくるでしょう。

結婚指輪は定期的なメンテナンスが輝きを保つ鍵

永遠の誓いの証しである結婚指輪。素材に合わせたケアを定期的に行い、いつまでも輝きを保ちましょう。

プラチナのお手入れは、基本的に乾いたやわらかい布でさっと拭くだけなので手軽に行えます。汚れが気になるときは、中性洗剤を混ぜたぬるま湯に指輪を浸し、綿棒や、やわらかいブラシで優しく磨くと汚れを取り除けます。

写真提供:アンジェリックフォセッテ浜松店

ゴールドのお手入れも、やわらかい布で軽く拭くのが基本です。黒ずみが気になってきたら、ぬるま湯に中性洗剤を少量溶かして指輪をつけておき、汚れが浮いてきたらやわらかい布で優しく拭きとります。

シルバーは、空気中の硫黄や水分、汗などに反応して黒ずみが出やすいので、シルバー専用の布で日頃からこまめに磨くことを心がけましょう。

中でも、宝石が付いている指輪は特に丁寧に扱うように注意してください。洗剤の種類によっては宝石が傷むことがあるので、店舗で購入する際に日頃のお手入れの方法とアフターケアの有無を確認しておきましょう。

婚約指輪と結婚指輪の重ね付けで両方を長く愛用

婚約指輪と結婚指輪を長く着用する上で、人気なのが重ね付けです。中には、あらかじめ重ね付けを想定して選ぶ女性もいます。それぞれに平らなデザインが合わせやすいですが、あえて全く違うデザインを組み合わせ、個性を出すこともできます。

写真提供:アンジェリックフォセッテ浜松店

また、婚約指輪と結婚指輪がマッチするようにつくられたセットリングも販売されています。「婚約指輪と結婚指輪をロックする」という意味があり、日常的にセットで身につけていると、婚約した頃の気持ちが思い出せて良いというカップルもいます。

婚約指輪と結婚指輪は、夫婦とともに歩む記念のリング

結婚を約束した証しである婚約指輪と、夫婦として歩む誓いを込めた結婚指輪。

婚約指輪は婚約期間だけでなく、これから二人が生涯を共にする中で、特別な日を飾る品となり得ます。デートシーンや友人の結婚式、子供の入園式の際にどんな指輪が似合うかを想像すると、自分に合う指輪を見つけやすいでしょう。

写真提供:ハナプラ花嫁

また、結婚指輪は夫婦として常に身につけて生活していくものです。不用意に傷をつけないために、日頃のお手入れのしやすさ、アフターケアについて十分確認しておくと良いでしょう。

二人でよく話し合い、デザイン、宝石、素材、着用シーンについてきちんと考えて選ぶことで、きっと満足できる指輪に出合えるはずです。

記事提供:アンジェリックフォセッテ浜松店
写真提供:アンジェリックフォセッテ浜松店、ハナプラ花嫁

mizuki

8,473 views

いつか憧れのウェディングドレスを着たいと夢みるmizukiです♡ 趣味は映画鑑賞とおしゃれスポットを探して行くことです♩ おしゃれなもの、流行りのものをみな...

プロフィール
ピックアップ記事
関連記事一覧