浜松でも婚約指輪にエタニティリングがおすすめ!指輪の意味とデザインの魅力

エタニティリングは婚約指輪(エンゲージリング)におすすめのタイプの一つです。

魅力的なデザインが婚約指輪向きであるだけでなく、結婚を約束するカップルにぴったりの意味が込められています。

写真提供:ハナプラ花嫁

また、ひと口にエタニティリングといってもデザインごとに特徴が異なるため、これから婚約指輪を探すという女性は、それぞれの違いが気になるのではないでしょうか。

そこで、今回はエタニティリングの持つ意味やデザインの違い、婚約指輪におすすめする理由などをご紹介します。

エタニティリングが持つ素敵な意味とは?

エタニティリングには、結婚を約束するカップルにぴったりの意味が込められています。

エタニティリングとは?

同じカット・サイズの宝石を指輪の周りに、すき間なく埋め込んだデザインのリングをエタニティリングといいます。

エタニティは英語で書くと「eternity」で、意味は「永遠」です。

リングの周りを宝石で一列につなぎ、途切れがないことから「永遠」になぞらえられ、永遠に続く愛を象徴するようになりました。

写真提供:アンジェリックフォセッテ浜松店

エタニティリングは、どのように宝石を留めるかによって指輪の雰囲気が変わります。

地金もプラチナ、ホワイトゴールド、ピンクゴールド、イエローゴールドなど、多彩に取りそろえられています。

エタニティリングの由来

そもそもエタニティリングは、「キーパー・リング」として使われたものが前身とされています。結婚の約束として指輪を贈る習慣が始まったとされるのは、古代ローマ時代以降です。

その後、15世紀ごろになると、ダイヤモンドをあしらった指輪が贈られるようになりました。

写真提供:ハナプラ花嫁

愛の証しとして贈られた高価なダイヤモンドの指輪が、いつの間にか指から抜け落ちてしまっては一大事です。

そこで、大切な指輪が抜け落ちないように重ね付けして押さえることを目的に、18世紀ごろに誕生したのがキーパー・リングでした。

指輪をガードする役割を担っていたリングですが、ファッション性に優れたデザインであることから人気があり、近年は婚約指輪として選ぶカップルが多く見られます。

エタニティリングの種類

エタニティリングには大きく分けて2つの種類があります。それぞれのデザインの違いや特徴を見ていきましょう。

フルエタニティ

フルは「すべて」ということで、文字通り指輪の周り全体を宝石で埋め尽くしたデザインを「フルエタニティ」といいます。

指輪の全周に宝石が埋め込まれているため、指にはめたときに、どの角度からでも宝石のきらびやかな輝きを目にすることができます。ダイヤモンドがワンポイントで付いているデザインの指輪と比べて、指輪が回っても気になりません。

使われる宝石の主流はダイヤモンドですが、サファイヤやルビーなどのカラージュエリーを組み合わせるパターンもあり、オリジナリティーを表現することもできます。

写真提供:アンジェリックフォセッテ浜松店

ただし、フルエタニティは地金の部分が少なくなるため、ほかのタイプの指輪に比べて強度は弱めです。

また、宝石の留め方によっては、どこかにぶつけたときなどに変形して宝石が落ちやすくなることもあります。

もう一つ心に留めておきたいのが、サイズ直しについてです。宝石が全周に入っているため地金での調整ができず、サイズ直しをしたくても難しい場合があります。購入する際は、アフターサービスについても確認しておくと安心です。

ハーフエタニティ

全周に宝石を埋め込むフルエタニティに対し、指輪の半周(ハーフ)に宝石を埋め込んだデザインが「ハーフエタニティ」です。

使用する宝石の数がフルエタニティの半分ですから、その分、価格はお手頃になります。また、宝石が埋め込まれていない地金の部分でサイズ調整が可能ですし、フルエタニティよりも強度は強めです。

写真提供:アンジェリックフォセッテ浜松店

フルエタニティとハーフエタニティのどちらを選ぶかは好みにもよりますが、サイズ直しが心配な人や、手のひら側に宝石があると当たって気になる人などは、ハーフエタニティのほうが安心でしょう。

どちらのデザインも、料理やスポーツをするときは外しておいたほうが傷付かず、宝石が取れる心配もありません。

エタニティリングのデザインの違い

エタニティリングは宝石の埋め込み方によって4タイプのデザインがあります。

写真提供:ハナプラ花嫁

ティアラ(共有爪留め)

ティアラは1つの爪で両サイドのダイヤモンドを留めるデザインのことです。宝石の数よりも爪の数が少ないため、地金の部分が目立ちにくいという特徴があります。

繊細さと華やかさの両方を持ち合わせたリングで、ダイヤモンドや埋め込んだ宝石の存在感をさりげなく際立たせたいという人におすすめです。

ただ、地金の部分が少ないこともあり、強度はどちらかというと弱めになります。

ディアー(レール留め)

ディアーは、爪ではなく、リングの両サイドのレール(地金部分)でダイヤモンドを留めたデザインです。

ティアラに比べると地金が目立ち、シンプルながらもしっかりした作りで存在感を放ちます。4つのデザインの中でも強度は強めです。

写真提供:アンジェリックフォセッテ浜松店

シュアリー(4爪留め)

ダイヤモンド1つを4つの爪を用いて留めたデザインを「シュアリー(4爪留め)」といいます。

ティアラに比べると宝石が落ちる心配は少なく、安心して着けることができます。強度もティアラより強めです。

スウィート(特殊鍛造)

地金を圧縮することで強度を高め、特殊な加工を施して作るデザインを「スウィート(特殊鍛造)」といいます。鍛造とは、金属を叩いて形を作ることです。

華奢なデザインのエタニティリングも作ることができるので、ファッション性を重視したいという人におすすめです。

婚約指輪にエタニティリングをおすすめする理由

「永遠の愛」という素敵な意味が込められていること以外にも、エタニティリングをおすすめする理由があります。

写真提供:ハナプラ花嫁

普段使いしやすい

エタニティリングは服装をあまり選びません。

高さのあるダイヤモンドが付いたリングとは違って、何かに引っかけたりぶつけたりといったアクシデントが少ないこともポイントです。そのため、指輪を普段使いできるという魅力があります。

指先をきれいに見せてくれる

一列に宝石が並んだエタニティリングは、指先に華やかさを与え、きれいに見せてくれます。

また、大粒の宝石をあしらったリングに比べて華奢な印象を与えられるでしょう。

写真提供:ハナプラ花嫁

結婚指輪との重ね付けができる

もともとキーパー・リングとして使われていたエタニティリングは、結婚指輪との重ね付けにもぴったりです。エタニティリング自体はストレートのものが多いため、S字やV字の結婚指輪とも合わせやすいでしょう。

結婚指輪がシンプルなデザインでも、キラキラした輝きを持つエタニティリングが華を添えてくれます。

写真提供:アンジェリックフォセッテ浜松店

地金の色を合わせると統一感が出やすくなります。

また、エタニティリングは宝石が埋められている分、指輪に高さが出るため、結婚指輪の高さもできるだけそろうように意識して選ぶと良いでしょう。

エタニティリングの婚約指輪で永遠の愛を誓いましょう

どんなファッションにも合わせやすく、日常使いもできるエタニティリングは、結婚後も婚約指輪を身に着けたいという人にもおすすめです。

婚約指輪と結婚指輪の両方を着けることによって、「永遠の愛」をいつまでも忘れずにいられるのではないでしょうか。

写真提供:ハナプラ花嫁

エタニティリングは、フルエタニティかハーフエタニティか、また石の留め方によってリングの見た目も強度も変わってきます。

結婚が決まったら、彼と一緒にお気に入りのエタニティリングを見つけてください。

記事提供:アンジェリックフォセッテ浜松店
写真提供:アンジェリックフォセッテ浜松店、ハナプラ花嫁

mizuki

8,845 views

いつか憧れのウェディングドレスを着たいと夢みるmizukiです♡ 趣味は映画鑑賞とおしゃれスポットを探して行くことです♩ おしゃれなもの、流行りのものをみな...

プロフィール
ピックアップ記事
関連記事一覧