婚約指輪と結婚指輪の重ね付けが浜松でも大人気!選び方のコツと注意点は?

婚約指輪(エンゲージリング)と結婚指輪(マリッジリング)は、結婚後に重ね付けするのが浜松でも人気。
プロポーズのときに男性から渡される婚約指輪は、ダイヤモンドが付いた華やかなデザインのものが多く、結婚を約束した証しとして身に着けます。

写真提供:ハナプラ花嫁

一方、新郎新婦が「永遠の愛」を誓ってお互いの指にはめる結婚指輪は、日常的に身に着けられるように比較的シンプルなデザインを選ぶ人が多く見られます。
婚約指輪結婚指輪はそれぞれ異なる役割を持っていますが、重ね付けにはきちんとした意味があり、双方の魅力をアップさせる効果があります。

写真提供:アンジェリックフォセッテ浜松店

この記事では、婚約指輪と結婚指輪の重ね付けが人気の理由と、重ね付けする際の指輪の選び方についてお伝えします。

婚約指輪と結婚指輪を重ね付けするメリットとは?

婚約指輪と結婚指輪の重ね付けには、指輪単体では得られないメリットがあります。
また、指輪にははめる順番があり、意味が込められています。

婚約指輪を着ける機会を増やせる

結婚後はなかなか出番がない婚約指輪。重ね付けなら、お出かけや友人の結婚式、同窓会など、ちょっとした機会に着けることができます。
プロポーズのときに素敵な婚約指輪をもらっても、結婚式を挙げた後は結婚指輪を着けるのが一般的です。

「婚約指輪を着けるのは結婚するまで」と思い込んでしまっている人や、華やかなデザインの婚約指輪を普段使いするのは気が引けて、結婚後は大切にしまったままという人もいます。
婚約指輪を着ける期間に決まりはありません。結婚後も結婚指輪と合わせて使えば、婚約指輪を身に着ける機会を増やせます。

手元が華やかになる

婚約指輪と結婚指輪の重ね付けをすると、婚約指輪単体で着けているときよりも手元がぐっと華やぎます。
結婚指輪は一日中着けたままで過ごす人も多く、仕事中やフォーマルな場でも身に着けることから、シンプルなデザインのものが選ばれる傾向にあります。

写真提供:アンジェリックフォセッテ浜松店

ただ、おしゃれをしたいときにシンプルな結婚指輪だけでは、少々物足りなく感じる人もいるのではないでしょうか。
ダイヤモンドの付いた婚約指輪を合わせれば、そうした物足りなさが解消されるでしょう。

重ね付けは着け方に意味がある

重ね付けをする際には、先に結婚指輪を左手の薬指にはめて、その上から婚約指輪をはめましょう。
婚約指輪を外側からはめることで、「永遠の愛を誓った証し」をロックするといわれているためです。

写真提供:ハナプラ花嫁

ちなみに、結婚指輪を左手の薬指に着けるのも理由があります。
古代ギリシャでは、左手の薬指に心臓と一本でつながる太い血管があると信じられており、特別な意味を持っていました。
そのため、夫婦になる者同士が互いの心臓につながる指に指輪をはめて、「二人の心をつなぐ」「愛の誓いをより強いものにする」といった意味が込められるようになったとされます。

重ね付けする婚約指輪と結婚指輪の選び方

婚約指輪と結婚指輪の組み合わせ方にはポイントがあります。
重ね付けする前提で指輪を選ぶなら、以下のポイントを意識してみましょう。

写真提供:ハナプラ花嫁

一つのショップで選ぶのがおすすめ

別々のショップで購入した指輪を後から組み合わせると、ちょっとしたデザインや色合いの違いから、しっくりこない場合があります。
どちらも同時に試着してから選べるという点でも、同じブランドでそろえて一つのショップで購入したほうが失敗しにくいでしょう。

統一感を出すには?

同じブランドの指輪でも、デザインによって相性の良しあしがあります。
指輪に統一感を出したい人は、指輪と指輪の間に隙間ができない組み合わせを選ぶと、重ね付けもしやすいのでおすすめです。

写真提供:ハナプラ花嫁

指輪の形には大きく分けて三種類があります。
オーソドックスながら飽きのこないストレート、波打ったデザインで柔らかい印象のウェーブ、シャープで重ね付けにもぴったりのV字です。二つの指輪の形をそろえておくと重ね付けしたときに隙間ができず、統一感を出せます。

おしゃれな組み合わせにするなら?

ほかの人とは違った個性的な組み合わせにしたいという人には、あえてデザインタイプの異なる指輪を選ぶという方法があります。
例えば、ストレートとウェーブ、ストレートとV字といった組み合わせです。

写真提供:アンジェリックフォセッテ浜松店

また、材質の違う指輪を組み合わせて、色違いを楽しむのも良いでしょう。結婚指輪に選ばれやすいプラチナは基本的に一色ですが、ゴールドにはイエローゴールドやピンクゴールド、ホワイトゴールドといったカラーバリエーションがあります。
プラチナとイエローゴールド、プラチナとピンクゴールドというように、二つの指輪の材質を変えると、色のコントラストが目を引く、おしゃれな組み合わせにできます。

浜松でもセットリングがおすすめの理由

セットリングとは、あらかじめ重ね付けすることを前提にデザインされてセットで販売されている指輪のことです。
セットリングは重ね付けしたときのバランスやフィット感を考えられたデザインになっているため、組み合わせに悩みながら選ぶ必要がありません。
自分で選ぶとなるとセンスが求められる、色違いやデザイン違いの組み合わせも見つかるでしょう。

写真提供:ハナプラ花嫁

リングの太さや微妙な隙間の具合、ダイヤの位置など、細かいところまで配慮された重ね付けを楽しめるのは、セットリングならではの魅力です。
組み合わせたときのバランスが良いのはもちろんですが、セットリングは婚約指輪と結婚指輪をそれぞれ単体でも着けられるようになっています。
デザイン違いや色違いの組み合わせなら、表情の違う指輪を使い分けられます。また、単体にすると派手すぎないデザインの婚約指輪を選べば、職場にも着けていくことができるので、長く日常的に楽しめます。

写真提供:アンジェリックフォセッテ浜松店

ショップにもよりますが、セットリングを購入する場合、婚約指輪と結婚指輪を単体でそろえるよりも価格が割安になる傾向にあります。
婚約指輪単体で豪華にしたいと思うと予算がかかりますが、セットリングなら重ね付けで華やかな手元を演出できるため、はめたときの輝きに妥協をせずに金額を抑えることが可能です。

婚約指輪と結婚指輪を重ね付けする際の注意点

重ね付けには注意点もあります。購入する際は、以下の3つのポイントも考慮して選びましょう。

傷が付くおそれがある

指輪をはめた状態で過ごしていれば多少の傷ができるのは仕方のないことですが、重ね付けすると指輪同士が当たり、傷が付くおそれがあります。

写真提供:ハナプラ花嫁

指輪に傷が付くリスクを少しでも低くしたい人は、着けたときに指輪同士が当たりにくいデザインのもの、ハードプラチナやパラジウム、チタンといった硬い材質のものを選ぶと良いでしょう。小まめに拭くなど、お手入れも欠かせません。
万が一傷が付いたときのために、ショップで購入するときにアフターサービスがあるかどうかを確認しておくと良いでしょう。

結婚指輪のサイズが大きめになることがある

重ね付け前提で指輪を選ぶと、内側にはめる結婚指輪のほうが指の付け根に近くなり、サイズが大きめになるため、結婚指輪を単体で着けたときに若干ゆるくなる場合があります。
反対に、一つずつ指にはめてサイズがちょうど良いものを選ぶと、重ねたときに外側にはめる婚約指輪がゆるくなることがあります。
指輪のサイズがゆるいと外れやすくなるので、試着する際に注意しましょう。

組み合わせがうまくいっていないと浮く

重ね付けをする前提で指輪を選んでいない場合、結婚指輪と婚約指輪のどちらかが極端に派手だったり、個性的なデザインだったりすることがあります。

写真提供:アンジェリックフォセッテ浜松店

二つの指輪の調和が取れていないと、重ね付けしたときの形や素材のバランスが悪くなり、かえって浮いてしまうので注意が必要です。

重ね付けなら婚約指輪を長く楽しめる

婚約指輪といえば、かつては男性が女性にサプライズでプレゼントしてプロポーズをするイメージがありました。しかし、近年は婚約指輪から一緒に選びに行くカップルも多く、重ね付け前提で購入することが可能です。
仮に婚約指輪をサプライズでプレゼントされた場合でも、結婚指輪を男性が購入したのと同じブランドにしたり、形や材質を合わせて選んだりすれば、重ね付けも不可能ではありません。

写真提供:ハナプラ花嫁

自分で組み合わせを考えるのに自信がない人、予算をできるだけ抑えたい人にはセットリングがおすすめです。
婚約指輪と結婚指輪をシーンごとに使い分けながら、重ね付けするという選択肢を加えれば、日常生活の中で指輪を着ける楽しみがさらに広がります。
一生に一度の大切なものですから、せっかくなら長く身に着けたいもの。重ね付けでこだわりのコーディネートを探してみてはいかがでしょうか。

 

記事提供:アンジェリックフォセッテ浜松店
写真提供:アンジェリックフォセッテ浜松店、ハナプラ花嫁

mizuki

5,639 views

いつか憧れのウェディングドレスを着たいと夢みるmizukiです♡ 趣味は映画鑑賞とおしゃれスポットを探して行くことです♩ おしゃれなもの、流行りのものをみな...

プロフィール
ピックアップ記事
関連記事一覧