太めの結婚指輪(マリッジリング)がおすすめの人とは?浜松で見つかる選び方を紹介

結婚式場や引き出物の選定、新婚旅行の行き先選び、新居探しなど、結婚の準備はいろいろと選ぶことが多くて、迷いが生じがちです。

それは、結婚指輪の選び方も同様で、カップルにとっては大いに迷うポイントの一つでしょう。

写真提供:ハナプラ花嫁

これから結婚するパートナーと同じ年月を付き合う指輪ですから、じっくりと比較しながら大切に選びたいものです。

もし、自分たちの個性にこだわった結婚指輪を選びたいという希望を持っていて、「エレガントよりもカジュアル感」「繊細さよりも重厚感」を重視しているカップルは、リング幅が太いタイプを検討してみてはいかがでしょうか?

写真提供:ハナプラ花嫁

この記事では、リング幅が太めの結婚指輪の魅力と購入時の注意点についてご紹介します。

太めの結婚指輪の特徴とは?

リング幅が太めの指輪には、どのような魅力があるのでしょうか?注意点と併せてお伝えします。

太めの結婚指輪のリング幅はどれくらい?

オーダーメイドでない市販の指輪は、0.5mm刻みのリング幅で作られているのが基本です。

一般的に結婚指輪に選ばれることが多いリング幅は2.5mm。2.0mmではやや華奢な印象になります。一方、程よい存在感が出てくるのは3.0mm以上です。

写真提供:アンジェリックフォセッテ浜松店

個性的なファッションリングなら太さ10mm程度のものもありますが、ジュエリーショップで購入する幅広の結婚指輪の場合、5.0mmを超える太さのものは少なくなります。豊富なデザインから選べるのはだいたい4.5mm程度までと考えてよいでしょう。

ただし、0.5mmごとの選択肢ではしっくりくる指輪が見つからないという人もいますので、自分のイメージにマッチする太さにするためにフルオーダーが選ばれることもあります。

太めの結婚指輪が持つ魅力

リング幅の太さが増すと、指輪自体の存在感がアップします。「細めのリングでは、ちょっと物足りない」という人には、リング幅が太めの指輪がおすすめです。重厚感も増しますので、男性のがっしりとした指にも合います。

リング幅が太いと、装飾を施せる部分が広くなるため、透かしや彫刻、ミル打ち、艶消しなどの加工や、「プラチナのリングにゴールドのエッジ」といった別素材を合わせた色使いなど、華やかで高級感のあるデザインを取り入れやすくなります。宝石の装着についても、大きさや数の選択肢が増えますし、刻印も入れやすくなるでしょう。

写真提供:アンジェリックフォセッテ浜松店

リング幅が太い指輪は細いものより強度が増します。結婚指輪は数十年使い続けるアイテムなので、年齢を重ねてシワや関節が目立つ手になったときでも、太めの指輪の華やかさがバランスのとれた存在感を発揮するでしょう。

太めの結婚指輪の注意点

リング幅が太めの指輪は存在感が魅力ですが、手が小さくて華奢な人は指輪が目立ちすぎてしまうことがあります。自分の手に似合う太さかどうかを考えて選びましょう。

また、職業によっては仕事中に目立つ指輪を装着しづらい場合があります。また、手作業を行うときには、指輪が邪魔になるかもしれません。さらに、装飾面が広いだけに、細めの指輪より傷や汚れが目立ってしまいますので、スポーツやレジャーシーンでは外したほうがよいでしょう。

太めの指輪のリング幅別特徴

「リング幅が太めの指輪」といっても、0.5mmずつ幅が異なれば印象も変わります。ここでは、リング幅それぞれの特徴と魅力をお伝えします。

3.0mm

平均的な太さの2.5mmより0.5mm幅が広いだけですが、目立ちすぎずに程よい存在感が出ます。デザイン性が高いのに、服装やシーンを選ばず、オフィスや日常生活でも違和感なく着けられる点が特徴です。男性のがっしりした手にも自然になじみます。

写真提供:ハナプラ花嫁

3.5mm

平均より1mm太くなると、ひと目見ただけでもボリュームを感じます。ただし、装着感は自然で、日常生活の中で違和感なく着けられます。

男性の指になじむ太さで、女性の場合はナチュラル感を保ちつつも個性的な印象が強くなります。全体的にはエレガントよりもカジュアル寄りな印象になりますが、スーツなど落ち着いた服装を着ているときは、重厚感や安定感をプラスするアクセントになります。

4.0mm

女性が着けるとちょっと目を引く存在感があります。男性の手でもファッションの印象を左右するアイテムになるでしょう。

指が華奢な女性の場合、デザイン次第ではバランスが悪く見えることもありますが、装着時のフィット感には抜群の安定感があります。

写真提供:ハナプラ花嫁

ただしリング幅が太い分、重さもあるため、日常生活での着け心地が気になる人がいるかもしれません。傷や汚れが目立ちやすいので、メンテナンスも重要です。そのため、結婚指輪ではありますが、日常生活で着けっぱなしにするのではなく、傷や汚れが付きやすいシーンでは外したほうがよいでしょう。

モチーフを目立たせるなど、太さを生かしたデザインで印象的なペアリングにしたいカップルにおすすめです。

4.5mm

重厚で貫禄のある存在感が漂う太さです。女性でも男性でも強い個性を印象づけられるでしょう。大きめの宝石を付けてもバランスが良く、高級感のある服装やシーンに合います。若いカップルよりも、ゴージャスさのあるデザインがなじむ大人のカップルに似合うでしょう。

写真提供:ハナプラ花嫁

ただし、普段あまりジュエリーを着け慣れていない人は、装着感や重さに抵抗を感じるかもしれません。また、この太さは肌に当たる面が大きい分、ジャストサイズの指輪を着けると少し窮屈に感じられます。普段のサイズより0.5~1号大きいサイズを試してみて、慎重に着け心地をチェックしてから購入しましょう。

「甲丸」か「平打ち」か

リング幅が広くなると、アームの形状も指輪の印象を大きく左右します。

一般的な幅の指輪なら、丸みを帯びた甲丸では雰囲気が柔らかくなり、フラットな平打ちはシャープでやや男性的になります。

写真提供:アンジェリックフォセッテ浜松店

しかし、太めの指輪ならデザインとの組み合わせで、多様なイメージを展開できるでしょう。

特に、存在感にはっきりと差が出てくる3.5mmくらいからは、甲丸と平打ちの両方を試して選ぶことをおすすめします。男女でアームの形状を違うものにするのもおしゃれです。

太めの結婚指輪はどんな人におすすめ?

人それぞれ似合う服が異なるように、手の特徴ごとに合う指輪は異なります。太めの指輪が似合うのはどのような人でしょうか?

指が長い人、手が大きい人

長い指や大きな手は、何も着けていなくても手元に目が行くものです。細めの指輪を着けると、繊細な印象の指輪と大ぶりな手元がアンバランスに見えてしまいます。その点、リング幅が太めの指輪を着ければ手元に負けない存在感を発揮し、華やかにバランス良く映えるでしょう。

写真提供:ハナプラ花嫁

リング幅にもよりますが、細くて長い指の人なら、装飾を抑えたシンプルなデザインがおすすめです。装飾が施されたボリューム感のある指輪は、細長い指には目立ちすぎるからです。

逆にふっくらした指には、大きめの石やモチーフを使ったボリューム感のある装飾が似合います。

関節が太めの人

関節が太いと、ジャストフィットのサイズよりも緩めの指輪を選ぶことになります。一般的な太さの指輪を着けると、指の根元で指輪が安定せず回転してしまうため、装着感が悪くストレスを感じてしまいます。指輪に施された装飾もずれて隠れてしまい、きれいに見せることができません。

しかし、太めの指輪なら同じサイズの細めの指輪よりも、指の根本でしっかりとフィットするため、安定感があります。

また、太めの指輪は装飾部分の面積が大きいので、手元への視線が指輪に集まり、関節の太さが目立たなくなるというメリットもあります。

かわいらしいデザインが苦手な人

リング幅が太めの指輪はデザインの自由度が高く、装着時は安定感・重厚感を醸し出せます。そのため、かわいらしいデザインが苦手な人や、落ち着きのあるデザインを求める大人のカップルにぴったりです。

華やかさもあるので、ラグジュアリーファッションや晴れの席でもふさわしい存在感を発揮するでしょう。

写真提供:ハナプラ花嫁

また、年齢を重ねても違和感なく身に着けられるのも、魅力の一つです。特に、男性の手には太めの指輪がよくなじみます。男性の好みや個性を反映しやすい点は、太めの指輪の大きなメリットです。

太めの結婚指輪は、個性にこだわりたいカップルにぴったり

リング幅が太めの指輪は、ファッションの印象を左右するほど存在感があるアイテムです。結婚指輪として選ぶなら、一般的なデザインや無難さではなく、個性にこだわりたいカップルに適しています。

写真提供:ハナプラ花嫁

また、身に着ければ、似合う・似合わないがはっきり現れるという特徴もあります。長い付き合いとなる結婚指輪だけに、納得できるものが見つかるまで、いろいろな太さやデザイン、アームの種類を試して、最高の一品を探してみましょう。

記事提供:アンジェリックフォセッテ浜松店
写真提供:アンジェリックフォセッテ浜松店、ハナプラ花嫁

mizuki

8,473 views

いつか憧れのウェディングドレスを着たいと夢みるmizukiです♡ 趣味は映画鑑賞とおしゃれスポットを探して行くことです♩ おしゃれなもの、流行りのものをみな...

プロフィール
ピックアップ記事
関連記事一覧