ミル打ちの結婚指輪(マリッジリング)の魅力とは?浜松でもサイズ直しはOK?

婚約指輪(エンゲージリング)や結婚指輪(マリッジリング)の装飾で人気の「ミルグレイン」。

指輪のエッジに打ち込まれた繊細な粒が光り、まるでダイヤモンドのように輝くことから、特にシンプルなデザインが好まれる結婚指輪に選ぶ人が浜松でも多く見られます。

これから長い人生を共にするカップルが、ミル打ちの指輪を選ぶ理由はどこにあるのでしょうか。

写真提供:ハナプラ花嫁

この記事では、歴史ある装飾・ミル打ちの深い魅力とお手入れ方法などをご紹介します。

「ミル打ち」のリングに込められた意味とは?

ミル打ちのリングはいつごろからあるのでしょうか。まずは、歴史と装飾に込められた意味を知っておきましょう。

写真提供:ハナプラ花嫁

ミル打ちリングの特徴

ミル打ちは指輪に施すヨーロッパ古来の装飾技術の一つです。19世紀ごろ、フランスやイギリスの貴族たちに好まれて用いられていました。

アーム(リングの部分)のエッジなどに小さな丸い粒の打刻を連ねて、ラインを描きます。凹凸が光を反射すると、まるで小さなダイヤを並べたようにきらめくのが特徴です。

美術館や博物館の展示で「アール・デコ」や「ベル・エポック」の時代の装飾品を見てみると、多くのアンティークジュエリーにミル打ちの装飾が施されているでしょう。

ミル打ちの意味

ミル打ちは「ミルグレイン」ともいい、ラテン語で「千の粒」という意味です。

千という数字には「永遠」「子宝」「長寿」といった意味が含まれていて、さらに粒が連なって打ち込まれていることから、「いつまでも幸福が続く」「末永く繁栄する」といった縁起担ぎにもつながっています。

ミル打ちの技法

ミル打ちには、職人の手作業で打刻する方法、型に押し付けて加工する方法、あらかじめミル打ちされた型を使って鋳造(ちゅうぞう)する方法の3つがあります。

最も難しく費用が掛かるのが、職人の手作業で打ち込むミル打ちです。

ローラーでの打刻や型による鋳造は手作業より安価であるものの、粒が不揃いだったり浅かったりして、年月が経つうちに打刻が薄くなることがあります。

しかし熟練の職人がタガネを使って一粒一粒打ち込んだミル打ちは、粒が深く美しく連なり、一生ものの結婚指輪にふさわしい仕上がりとなります。

繊細なミル打ちが施されたリングの魅力

ミル打ちの入ったリングには、選ぶメリットがたくさんあります。ミル打ちはデザイン的にも実用的にも優れた装飾といえるでしょう。

写真提供:ハナプラ花嫁

シンプルな結婚指輪も華やかな印象に

整然と連なるミル打ちの凹凸は、リングに繊細な輝きを与えます。シンプルな結婚指輪も、ミル打ちが施されていると、クラシカルで上品な印象になります。

長い時を経ても輝きを失わないようにするには、繊細に美しく打刻する職人技が不可欠です。

ミル打ちの入った結婚指輪を選ぶなら、熟練の職人によって手作業で打ち込まれたものをおすすめします。

全体が引き締まった印象に

アームのエッジにミル打ちが施されると、指輪全体が引き締まった印象になります。

デザインのアクセントとしてしっかり主張しながらも、シンプルさが失われることはありません。落ち着きすぎず、派手すぎることもない絶妙なバランスの指輪は、男女問わず指になじむでしょう。

傷が付いても目立ちにくい

結婚指輪を長い年月着け続けていると、丁寧に扱っていても表面に傷が付いてしまうものです。デザインもシンプルなものが多いため、傷が付くと目立つ場合があります。

ミル打ちを施すと、アームは装飾のない滑らかな部分が減るため、傷が付きにくくなります。また視線がミル打ちの部分に集まることにより、多少の傷があったとしても目立ちにくくなる効果があります。

ミル打ちのデザインの種類

ミル打ちの装飾自体はシンプルなものです。しかし、施される場所やアレンジによって、指輪の印象が大きく変化します。

写真提供:アンジェリックフォセッテ

エッジに施されているタイプ

アームの両側の縁にミル打ちを施すと、気品と重厚感がアップします。男性にも受け入れられやすいデザインです。

アームが丸みを帯びている「甲丸(こうまる)」は表情に柔らかさがあり、フラットな「平甲丸(ひらこうまる)」は少しシャープな印象になります。

華やかさを求めるなら、中央のラインにメレダイヤが一列に並んだデザインがおすすめです。ミル打ち部分のきらめきとの相乗効果でゴージャス感がありつつ、気品を損ないません。

また、片側のエッジにだけミル打ちが施されていると、大人の落ち着いた雰囲気が全面に表れます。年齢を重ねるほど、しっくりとなじんでくるでしょう。

ねじりを加えたアームに施されているタイプ

ねじりのあるアームは柔らかな印象を与えますが、ミル打ちが入ることで主張の強いデザインになります。

ねじりの強さ、緩やかさによって、ストレートラインのミル打ちよりも個性がはっきり表れてくるため、個性的なデザインを求める人におすすめです。

写真提供:アンジェリックフォセッテ浜松店

V字ラインのエッジに施されているタイプ

V字ラインとひと口に言っても、エッジにさり気なくミル打ちを施したり、V字部分のアクセントにしたり、V字部分に置いたダイヤを引き立てるようにミル打ちを施したりと、幅広いデザインが可能です。

ミル打ち部分の色が異なるタイプ

ミル打ちの施されたエッジ部分はゴールドやピンクゴールドで、ミル打ちしていない内側部分がシルバーに色分けされているデザインもあります。

色の違いによって高級感がアップしたり、かわいい印象になったりと、指輪の表情が変わるので、デザインを選ぶ際には素材の色にもこだわると良いでしょう。

ミル打ちが施されたリングのお手入れ方法

指輪のお手入れは装飾の特性や金属の性質を把握して行うことが大切です。ここでは、汚れをきれいにする方法と、リサイズについてお伝えします。

汚れは柔らかい布で拭く

ミルグレインの凹凸の部分は特に汚れがたまりやすい箇所です。

基本的には中性洗剤入りのぬるま湯やジュエルクリーナーを使い、柔らかいクロスで拭く方法でお手入れします。

ただし、最後に凹凸部分の汚れやクリーナーがきれいに落ちるよう、丁寧にすすぎましょう。

多少の傷は専用のクリーナーを使ってクロスで磨けばきれいになります。金属の種類によっては、クロスの素材や研磨剤の有無で変色したり、加工が劣化したりすることがあるので、注意が必要です。

大切な結婚指輪を、間違ったクリーニング方法でだめにしてしまったら、後悔してもしきれません。

繊細なお手入れが必要な素材の場合は、購入したジュエリーショップのアフターサービスを利用して、ショップでクリーニングをしてもらうのが最も安心です。

リサイズは可能?

部分的にミル打ちが入っているデザインであれば、ミル打ちの入っていない部分を切り離してサイズ調整が可能です。

リングを一周する形でミル打ちが施されている場合、サイズ直しは少し難しくなります。

しかし、不可能というわけではありません。主な方法は二通りあります。

写真提供:ハナプラ花嫁

◆ミル打ちのないアームの内側を削る
ミル打ちのラインやほかの装飾に影響なく、サイズアップすることができます。

指輪の外見がほとんど変わらないのが嬉しい方法です。

しかし、内側にイニシャルや結婚記念日が刻印されている指輪は、この方法でリサイズすると刻印が消えるおそれがあります。

新たに刻印し直せる場合もありますが、できない場合は取り返しがつかないので、加工前に確認しておきましょう。

◆装飾や刻印に影響しにくい箇所で切断して継ぎ足す
アームを切断して広げた部分に地金を継ぎ足し、継ぎ足した部分にミル打ちを施す方法です。

硬い素材や2種類以上の金属が使われている指輪には、この方法を使えないことがあります。

サイズ直しは指輪の見た目に大きく影響することがあります。

将来リフォームが必要になる可能性があるなら、購入時にサイズ直しが可能かどうかショップに必ず確認しましょう。

サイズ直しのアフターフォローがあるかどうかもチェックしてください。

男女共に身に着けやすい、ミル打ちの普遍的な美しさ

100年以上の時を越えて愛される普遍的な美しさと、積み重ねてきた歴史の両方を感じさせるミルグレインは、結婚指輪にふさわしい装飾の一つです。

写真提供:ハナプラ花嫁

男女関係なく年齢を経ても身に着けられるデザインはそう多くありませんが、結婚指輪を選ぶ上では重要な要素です。

ミル打ちの指輪は装飾がありながら、男性も身に着けやすいデザインといえるでしょう。

ただし、購入の際はリサイズについての注意点を考慮して選ぶようにしてください。

これから先、何十年も身に着けていくために大切なポイントです。

 

記事提供:アンジェリックフォセッテ浜松店
写真提供:アンジェリックフォセッテ浜松店、ハナプラ花嫁

mizuki

8,107 views

いつか憧れのウェディングドレスを着たいと夢みるmizukiです♡ 趣味は映画鑑賞とおしゃれスポットを探して行くことです♩ おしゃれなもの、流行りのものをみな...

プロフィール
ピックアップ記事
関連記事一覧