ダイヤ入り結婚指輪の魅力|自分好みのブライダルジュエリーを浜松で選ぼう

婚約指輪は華やかな宝石付きで、結婚指輪はシンプルに、というイメージがあるかもしれません。しかし、近年は宝石付きの結婚指輪を選ぶ人が増え、中でもダイヤ入りのものが人気です。

写真提供:ハナプラ花嫁

結婚指輪にダイヤ入りのタイプを選ぶと、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

そこで、今回は結婚指輪を検討している人に向けて、ダイヤ入りの結婚指輪の魅力と選ぶ際のポイントなどをご紹介します。

ダイヤ入り結婚指輪の魅力とは?

結婚指輪は日常生活でも身に着けることから、宝石などが付いていないシンプルなタイプを選ぶ人もいます。

ここでは、ダイヤ入りの結婚指輪を選ぶ魅力について見ていきましょう。

ダイヤモンドの基礎知識

ダイヤモンドとは
ダイヤモンドは炭素が結晶化した天然鉱物で、地球上で最も硬い物質といわれています。

写真提供:アンジェリックフォセッテ浜松店

宝飾品に使われるダイヤモンドは、光が美しく反射するように原石をカットしたものです。その輝きはいつの時代も人々を魅了しています。

また、ダイヤモンドは4月の誕生石であり、石言葉は「永遠の絆・純潔・不屈」です。

ダイヤ入り結婚指輪を買う人はどれくらいいる?

「結婚指輪はシンプルに」というカップルもいますが、宝石付きの結婚指輪を選ぶカップルも一定数います。ただし、夫婦間で大きな違いがあり、女性は宝石付きにする人が大半です。

夫の場合、宝石なしは約74%、ダイヤ入りが約17%、サファイア入りが約4%で、宝石が付いていない結婚指輪を購入した人が多くを占めています。

写真提供:アンジェリックフォセッテ浜松店

一方、妻の場合、宝石なしは約21%、ダイヤ入りが約75%、サファイア入りが約4%と、ダイヤ入りの結婚指輪を選んでいる人がほとんどです(ゼクシィ結婚トレンド調査2017調べ)。

やはり女性は、ダイヤモンドに引かれる人が多いのでしょう。

※データ出典:ゼクシィ結婚トレンド調査 2017(首都圏)
http://bridal-souken.net/data/trend2017/XY_MT17_report_06shutoken.pdf

ダイヤ入り結婚指輪のメリット

ダイヤ入りの結婚指輪は、なぜ人気が高いのでしょうか。

理由の一つとして、ダイヤモンドの美しい輝きが挙げられます。ダイヤモンドで最も一般的なカット方法は、「ラウンドブリリアントカット」と呼ばれるものです。17世紀にヴェネツィアで発明され、20世紀初頭にベルギーの有名な宝石職人が確立しました。

ラウンドブリリアントカットは57面体または58面体にも及ぶ細かいカットが特徴です。

写真提供:ハナプラ花嫁

ダイヤモンドの反射具合や屈折率などを綿密に計算し、最も美しく輝くようにカットされています。ダイヤモンドの内側に入った光が複雑に反射して、ほかの石では表現できない芸術的な輝きを放ちます。

ダイヤ入りの結婚指輪が人気を集めるもう一つの理由は、ほかの人と指輪のデザインが被りにくいことでしょう。シンプルな結婚指輪に比べ、ダイヤ入りはエタニティリングや石が埋め込まれたタイプなどデザインが豊富です。

ダイヤ入り結婚指輪のデメリット

美しいダイヤ入りの結婚指輪も、デザインによっては普段使いで不便を感じる場合があります。

例えば、ダイヤが大きかったり爪ありタイプのものだったりすると、何かに引っかかるおそれがあります。また、爪ありタイプは宝石が外れてしまうこともあります。

写真提供:アンジェリックフォセッテ浜松店

宝石は汚れやすいため、時にはメンテナンスも必要です。

ダイヤ入りの結婚指輪を購入するなら、爪なしタイプを選んだほうが、日常的に使いやすいでしょう。

ダイヤ入り結婚指輪のバリエーション

ダイヤ入りの結婚指輪を選ぶ前に、ダイヤモンドの基礎知識や指輪の種類について、知っておきましょう。

ダイヤモンドの種類

ダイヤ入りの結婚指輪を選ぶ上で押さえておきたいポイントが「4つのC」で、Carat(カラット)・Color(カラー)・Clarity(クラリティ)・Cut(カット)です。

Carat(カラット)は重さを示す単位で、数字が大きくなれば重くなり、サイズも大きくなります。1カラットは0.2グラムで、小さいものより大きいほうが高価ですが、ダイヤモンドの価値は大きさだけで決まるのではなく、ほかの3つのCの評価によっても変わってきます。

Color(カラー)は色で、ダイヤモンドは無色に近いほど評価が高くなります。無色透明の「D」が一番高く、黄色味を増すにつれてランクが下がり、最も低い「Z」まで全23段階あります。
ただし、無色透明ではないダイヤモンドにも、天然のカラーダイヤモンドのように高額で取引されているものがあります。

写真提供:アンジェリックフォセッテ浜松店

Clarity(クラリティ)は透明度を表わす指標で、傷や内包物、濁りやくもりの状態を11段階で評価しています。肉眼だけでなく、10倍のルーペで拡大して内包物が見えるかどうかが問われ、厳しい基準で評価されています。

Cut(カット)は、ダイヤモンドの美しさを引き出すのに最も重要だといわれています。全体のバランス・研磨・対称性を厳しくチェックされ、Excellent・Very Good・Good・Fair・Poorの順に評価が付けられます。

指輪のデザインの種類

指輪本体のデザインもさまざまです。本体のデザインや素材(プラチナ・ゴールド・シルバーなど)で印象が大きく変わるため、より多くの指輪を見て、お気に入りを厳選しましょう。

ストレート
ストレートは文字どおりまっすぐシンプルなデザインで、年齢や性別問わず装着しやすいのが特徴です。そのため、長く身に着ける結婚指輪として高い人気を誇っています。
同じストレートのデザインでも、指輪の幅によって印象が異なります。太めの指輪は存在感があり、細めの指輪は指が華奢に見えます。
ダイヤモンドを一粒または何粒か埋め込んだタイプや、縁にミル打ちを施してダイヤモンドをアレンジしたタイプなどがあります。

写真提供:ハナプラ花嫁

ウェーブ
ウェーブは、指輪の一部分をひねったようなS字に見えるデザインです。ストレートに少し変化をつけ、シンプルかつデザイン性もある点が魅力です。
ウェーブ部分にダイヤモンドをあしらったデザインが多く見られます。

V字、U字型
指にはめたときにV字型に見える角度がついた指輪は、遊び心があるデザインで、個性を大切にしたい人にぴったりです。V字よりもやや緩やかなカーブのU字型デザインもあります。
V字またはU字の谷になっている部分に、ダイヤモンドがアクセントとしてあしらわれます。

写真提供:アンジェリックフォセッテ浜松店

エタニティ
エタニティリングは、宝石の粒が指輪を取り囲むように付いたもので、宝石で一周囲んだフルエタニティと、半周囲んだハーフエタニティがあります。華やかな印象が好きな人に支持されているデザインです。

幅広
存在感のある指輪を探しているなら、幅広リングがよいでしょう。指輪自体に模様が彫り込まれているものや、ダイヤモンドがいくつもあしらわれているタイプなどがあります。

選ぶポイント

価格
美しく魅力的なダイヤ付きの結婚指輪は、高価になりがちです。まずは現実的な予算を設定しましょう。

ダイヤモンドのカラット数
ダイヤモンドはカラット数によって価格が変わります。そのため、予算内に収まるのが何カラット程度なのかをあらかじめ調べておくとよいでしょう。
一般的には0.3カラット以上のものが高評価で、その分価格も上がります。

写真提供:アンジェリックフォセッテ浜松店

ペアにするかどうか
夫婦でおそろいのデザインの結婚指輪を選ぶ人もいるでしょう。しかし、あえてペアのデザインにしない夫婦もいます。また、夫婦別々のデザインでも、組み合わせるとペアになるデザインを選ぶカップルもいます。それぞれの価値観に合わせて選ぶことが、結婚指輪で後悔しないポイントです。

使用時をイメージする
デザインばかりに気を取られず、指輪が実用面で適しているかも考慮しましょう。家事をしたり、子どもに触れたりするときに着けたままでも大丈夫か、細かいメンテナンスが必要にならないか、などです。日常的に着け外しが必要で、結局面倒になって着けなくなった…ということにならないように選びましょう。

写真提供:ハナプラ花嫁

着け心地を確認する
毎日着けるものなので、店頭で指輪を着けていて圧迫感や違和感がないかなどを確認しましょう。購入前の試着は必須です。

アフターサービスを確認する
ダイヤ入りの結婚指輪は、美しさを長く保つために定期的なお手入れが必要です。購入店でアフターサービスがあるかを確認しておくと安心でしょう。

ダイヤモンドのお手入れ方法

ダイヤモンドは油分を吸着する性質があるため、皮脂やハンドクリームなどで汚れが堆積しやすいという弱点があります。日常的に装着していればどうしても汚れてしまうため、定期的にメンテナンスをしましょう。

以下に挙げるのが、主なメンテナンス方法です。

購入したお店でクリーニングに出す
ブライダルジュエリー店の中には、婚約指輪や結婚指輪を生涯無料でクリーニングしてくれるところがあります。また、「バフがけ」による磨き上げや傷取り、超音波機器による油汚れ・くすみ取りなどのメンテナンスを行ってくれるお店もあります。定期的にお手入れをしていれば、大事な指輪の美しさをいつまでもキープできるでしょう。

写真提供:アンジェリックフォセッテ浜松店

自分でできるお手入れ方法
メンテナンスのためにお店へ行く時間がないときは、自分でお手入れをしてみましょう。
まず、コップにぬるめのお湯と刺激の少ない中性洗剤を入れ、指輪をつけます。地金を傷つけないように注意しながら、柔らかい歯ブラシなどで汚れをこすり洗いし、きれいな水ですすぎます。すすいだら柔らかい布で水分をふき取って、しっかりと乾かして完了です。

長く身に着ける結婚指輪は二人で納得のいくものを

結婚指輪は、長く使うものです。ダイヤ入りのタイプを選ぶ際は、普段も着けやすいか、お手入れがしにくくないいかといったポイントをチェックしましょう。

写真提供:ハナプラ花嫁

気に入ったデザインを購入するのが一番ですが、年齢を重ねても身に着けやすいものにすることも大切です。

また、夫婦で使うものなので、女性の視点だけでなく男性の意見も取り入れて、二人で仲良くずっと着けられる結婚指輪を探しましょう。

 

記事提供:アンジェリックフォセッテ浜松店
写真提供:アンジェリックフォセッテ浜松店、ハナプラ花嫁

mizuki

8,445 views

いつか憧れのウェディングドレスを着たいと夢みるmizukiです♡ 趣味は映画鑑賞とおしゃれスポットを探して行くことです♩ おしゃれなもの、流行りのものをみな...

プロフィール
ピックアップ記事
関連記事一覧