浜松で選ぶシルバーの結婚指輪(マリッジリング)の魅力|注意点とお手入れ方法

2人の愛の証しである結婚指輪(マリッジリング)。定番の金属はプラチナやゴールドと思われがちですが、素材はこの2つだけではありません。

写真提供:ハナプラ花嫁

中でも、リーズナブルな価格でデザイン豊富な指輪を探している人におすすめなのがシルバーです。
シルバーは金属の中でも加工がしやすいため、「オリジナルの結婚指輪を作りたい」というカップルにも人気があります。

写真提供:アンジェリックフォセッテ浜松店

今回はシルバーの結婚指輪について、プラチナとゴールドとは違った魅力や、購入時の注意点、お手入れ方法などをご紹介します。

シルバーの結婚指輪はどれくらい人気?

結婚指輪といえば、プラチナやゴールドなどをイメージする人が多いでしょう。
カジュアルな印象があるシルバーを結婚指輪として着けている人は、実際にどれくらいいるのでしょうか。

シルバーの結婚指輪とは

結婚指輪の素材について決まりがあるわけではないので、シルバーリングを選んでもまったく問題ありません。
これまで、シルバーは比較的安価で手に入るため、結婚などの記念の品には向かないとされてきました。しかし、現代では、リーズナブルであることやデザインの豊富さなどがシルバーの魅力として知られるようになっています。

写真提供:アンジェリックフォセッテ浜松店

そのため、あまり結婚指輪にお金をかけたくない人や、指輪のビジュアルにこだわりたい人から、シルバーリングは一定の支持を得ています。

ブライダルジュエリーのお店に行くと、結婚指輪のコーナーに並ぶのはプラチナやゴールドといった素材でできたものが大半です。プラチナやゴールドに比べると少ないものの、シルバーの結婚指輪も展開されています。

どれくらいのカップルが着けているの?

結婚指輪の素材にプラチナを選ぶ人の割合は、夫が約80%、妻が約77%です。この数字から、大半のカップルがプラチナ素材を選んでいることがわかります。
次に多いのはゴールド(ホワイト、ピンク含む)で、夫が約9%、妻が約13%です。

写真提供:ハナプラ花嫁

それぞれ選んでいる人の割合を合わせると、約9割がプラチナまたはゴールドの指輪を選んでおり、シルバーの結婚指輪を選ぶ人は少ないことがわかります(ゼクシィ結婚トレンド調査2017調べ)。

現状少数とはいえ、あえてシルバーを選ぶカップルもいます。シルバーの指輪には、ほかの金属にはない独自の魅力があるためです。

シルバーの結婚指輪の魅力

シルバーのジュエリーを普段使いのアクセサリーとして使っている人もいるでしょう。
ここでは、シルバーだからこそ結婚指輪におすすめしたい理由をお伝えします。

写真提供:アンジェリックフォセッテ浜松店

価格がリーズナブル

シルバーは、プラチナやゴールドに比べると比較的産埋蔵量が多い金属です。シルバーの埋蔵量はゴールドの約7倍あり、希少性が高い素材ではなく、リーズナブルに購入できるというメリットがあります。
そのため、結婚指輪の購入価格を抑えたいカップルには魅力的な素材です。

デザインが豊富

金属の中でも、シルバーは比較的加工しやすい素材です。好きな宝石を埋め込んだデザインや、細かい彫りを施したデザインなど、多彩なアレンジを選ぶことができます。
また、シルバーアクセサリーを扱う工房で、プロからレクチャーを受けながら素人で加工できるところもあります。

写真提供:アンジェリックフォセッテ浜松店

強い輝きを放つ

シルバーは金属の中でも光の反射率が高く、高級ジュエリーにも劣らない、落ち着いた柔らかな光沢を放ちます。
磨くことによって、プラチナより強い光を放つ場合もあり、身に着ける人の指を華やかに輝かせてくれるでしょう。

シルバーリングを購入するときの注意点とお手入れ方法

シルバーの魅力を最大限に引き出し続けるには、素材の特徴を知り、定期的にお手入れをすることが重要です。
シルバーリングならではの気をつけたいポイントと、お手入れ方法を見ていきましょう。

写真提供:ハナプラ花嫁

シルバーリングの注意点

変色しやすい
シルバーは変色しやすく、特に硫黄を含むものに触れると「硫化」といわれる現象が起きて黒くなることがあります。
また、化粧品やヘアカラーなどの成分が原因で化学反応が起きてしまい、色が変わることもあるため、日々の取り扱いには注意しましょう。

写真提供:アンジェリックフォセッテ浜松店

変色を防ぐためには、小まめにお手入れをする必要があります。しかし、黒ずむことによって独特の風合いが出るため、中には色の変化を楽しむ人もいます。
シルバーの結婚指輪を外して長時間放置していると、自然と硫化して黒ずんでいくおそれがあります。長く外す場合も、きちんとお手入れをしてシルバーの輝きを保ちましょう。

傷つきやすい
もともとシルバーは柔らかく、傷つきやすい素材のため、ほかの金属を混ぜることで強度を高めている場合がほとんどです。

写真提供:ハナプラ花嫁

シルバーの純度は、指輪の内側を見ると確認することができます。例えば、内側に「925」と刻印されている場合は、全体の92.5%が銀で、ほかの金属が7.5%だけ混ざっていることを表します。
シルバーの結婚指輪に強度を求めるのであれば、純度を確認し、ほかの金属が少し混ざっている丈夫なものを選ぶと良いでしょう。

お手入れ方法

普段のお手入れ
日常のお手入れはとても簡単で、柔らかい布で汗や汚れを拭き取るだけです。専用のクロスなどを使って丁寧に磨くと、シルバー本来の輝きを取り戻せます。

写真提供:アンジェリックフォセッテ浜松店

長時間保管する場合は、ホコリを避けて湿度の低い場所に置きましょう。
また、定期的なお手入れを続ける自信がない人は、シルバーの表面にロジウムメッキを施すと、変色や傷に強くなるのでおすすめです。

重度の汚れがある場合
黒ずみが激しいなど、ひどく汚れてしまった場合に、重曹を使って徹底的に洗浄する方法があります。ただし、宝石などの素材が付いている場合は、重曹を使って洗浄するのは避けてください。
重曹を使用した洗浄方法は以下の通りです。

まず、アルミホイル、重曹、耐熱容器、熱湯を用意します。

耐熱容器にアルミホイルをしき、シルバーの指輪を置きます。その上に重曹を大さじ1杯入れた後、熱湯を注ぎます。
シュワシュワと泡が出てきて、お湯が冷めるまで5~10分ほどそのままにしておきます。お湯が冷めたら指輪を取り出し、水でよく洗います。
最後に、柔らかい布で水気をよく拭き取ってください。すると、ゴシゴシこすらなくても、黒ずみが少なくなっているはずです。

2人の絆の証しに、シルバーならではの輝きを

高級ブランドのお店に並ぶプラチナやゴールドの結婚指輪は、どれも光り輝いて素敵に見えるかもしれません。しかし、シルバーの指輪にも独自の魅力があります。指輪以外のことにお金をかけたいカップルや、仕事の都合などで指輪を外す機会が多いカップルは、シルバーの結婚指輪を選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。

写真提供:ハナプラ花嫁

2人ならではのデザインにしてもらったり、好きな石を入れてもらったりと、希望を叶えられるかもしれません。
「値段を抑えたいけれど、色はゴールドがいいな」という人は、シルバーの指輪に金メッキを施してみるのも一つの手です。本物のゴールドを購入するよりも、ずっと価格を抑えて手に入れることができます。

写真提供:ハナプラ花嫁

結婚指輪の価値は、素材の質や高価さで決まるものではありません。2人が「ずっと身に着けていたい」と思えるものを見つけ、大切にしていくことで、永遠に輝きを放ち続けるでしょう。

 

記事提供:アンジェリックフォセッテ浜松店
写真提供:アンジェリックフォセッテ浜松店、ハナプラ花嫁

mizuki

8,875 views

いつか憧れのウェディングドレスを着たいと夢みるmizukiです♡ 趣味は映画鑑賞とおしゃれスポットを探して行くことです♩ おしゃれなもの、流行りのものをみな...

プロフィール
ピックアップ記事
関連記事一覧